「藤堂平助」検索結果

藤堂平助」:32件


完結作品のみ

[歴史]【完結
幕末日々綴り‐幽霊と侍さん‐

辻斬りに遭遇し、死んでしまった京の町に住む娘である花。見えるはずのない彼女が見えたのは、あの新選組 藤堂平助だった。幽霊と人間の境目を越えた二人の愛。どうか…世界中の人が幸せになれますように…。◆◇新着オススメに選ばれました!ありがとうございます!◇◆観覧10000人突破感謝!

著者 やや子(3)
PAGE 200ページ
閲覧 21253人
ファン! 1196人
更新 10-05-09 18:24
[総合1479位][ジャンル38位]
[作品レビュー(#34)]
 [新選組] [幽霊] [藤堂平助]

[歴史]
優しさにつつまれたくて

君の優しさが欲しかった。「それは本当?」誰かが問いかけるんだ。間違ってると言いたいように────不定期更新。レビューありがとうございます!久しぶりに更新しました。日記始めました。

著者 幸。(3)
PAGE 29ページ
閲覧 1171人
ファン! 53人
更新 15-09-27 10:13
[総合1974位][ジャンル62位]
[作品レビュー(#1)]
 [新撰組] [沖田総司] [藤堂平助]

[歴史]【完結
雪月花ー太陽の君ー

凍りついた彼女の心。溶かしたのは、太陽のような笑顔の彼…。貴方の激しい愛で狂わせて欲しい。それだけだった……。藤堂平助と遊女の切なく、狂おしい恋物語ーーー

著者 星野るな(16)
PAGE 355ページ
閲覧 10251人
ファン! 730人
更新 14-03-26 20:35
[総合2021位][ジャンル68位]
[作品レビュー(#9)]
 [新撰組] [藤堂平助] [新選組]

[歴史]【完結
夢のように…

1度だけでも、幸せになりたかった。たとえそれが本当は不幸なのだとしても。★カテ別ランキング最高8位ありがとうございます。

著者 花(8)
PAGE 133ページ
閲覧 4073人
ファン! 192人
更新 17-07-15 08:56
[総合2546位][ジャンル94位]
[作品レビュー(#4)]
 [藤堂平助] [新撰組] [歴史]

[歴史]【完結
晴れた日に貴方と…

殺されたくなるくらい、人を愛せますか?殺したくなるくらい、人を愛せますか?「愛してる」を越えた愛をあなたは見たことがありますか?新撰組八番隊組長 藤堂平助と永遠の罪を生きて償う少女の残酷な恋物語。

著者 中崎あやこ(4)
PAGE 384ページ
閲覧 44035人
ファン! 1742人
更新 10-01-26 21:09
[総合5632位][ジャンル129位]
[作品レビュー(#41)]
 [藤堂平助] [新選組] [狂愛]

[歴史]
凛と咲く【誠】

幕末にタイムスリップしてしまった藤堂 凛…そこには5年前居なくなったはずの双子の兄がいた。ファン登録してくださった方々、いつも読んで下さってありがとうございます♪毎日1ページ更新目標です!

著者 ゆず(2)
PAGE 550ページ
閲覧 65696人
ファン! 1757人
更新 11-12-31 19:49
[総合7290位][ジャンル160位]
[作品レビュー(#35)]
 [新撰組] [藤堂平助] [斎藤一]

[歴史]
幕末タイムスリップ〜夏空〜

150年前、激動の幕末の動乱の中、時代の波に逆らってきた彼ら“新選組”のもとへ男女2人はタイムスリップ!!??そこで誰を選び、誰のために生きるのか…。初の執筆ですが頑張ります(^^)ファン様100人突破感謝します♪

著者 うさ
PAGE 110ページ
閲覧 5708人
ファン! 251人
更新 10-02-25 17:57
[総合6312位][ジャンル140位]
[作品レビュー(#9)]
 [新選組] [藤堂平助] [沖田総司]

[歴史]
FLASHBACK-特例任務 幕末に跳べ!-

血に隠された記憶にない真実と、血まみれの現実が俺を消す。

著者 中崎あやこ(4)
PAGE 259ページ
閲覧 13168人
ファン! 616人
更新 15-01-18 16:34
[総合5694位][ジャンル130位]
[作品レビュー(#16)]
 [幕末] [藤堂平助] [沖田総司]

[歴史]
変わらぬ愛〜血の違い〜

江戸時代。知られてはいない、新撰組の物語があった。それは鬼との恋。「どうして、私は鬼なの‥っ?」「俺がお前を守ってやる」運命は、残酷だ。  ※18禁要素含む予定です ※これは本当にあった話じゃないです

著者 彩香
PAGE 87ページ
閲覧 5915人
ファン! 319人
更新 11-02-23 17:11
[総合9034位][ジャンル184位]
[作品レビュー(#4)]
 [] [新撰組] [藤堂平助]

[歴史]
死出の奏で

時は幕末。時代の変貌に足掻く人間が数多くいた頃…。鬼とも人間ともつかぬ己に、悩み苦しんでいる者がいた。 「鬼と人間は…決して相容れない、共生出来ない運命なのだろうか…」と―――…。

著者 ちょこ(3)
PAGE 45ページ
閲覧 3054人
ファン! 100人
更新 10-05-01 16:48
[総合9411位][ジャンル189位]
[作品レビュー(#2)]
 [新選組] [] [藤堂平助]

[前n]|[次n]


戻る