「斎藤一」検索結果

斎藤一」:39件


完結作品のみ

[歴史]【完結
夢に恋す

現代の高校生秋山千尋はある日不思議な青年の夢を見る。そしてその夢から目が覚めるとそこはなんと新撰組の屯所だった。千尋はそこで女中として働く事になるのだが…!?夢に出て来る不思議な青年は一体!?

著者 凛子(5)
PAGE 841ページ
閲覧 86246人
ファン! 4653人
更新 11-02-05 14:53
[総合1074位][ジャンル39位]
[作品レビュー(#45)]
 [新撰組] [沖田総司 ] [斎藤一]

[歴史]【完結
灼灼

新撰組に会いたいと願った少女。普通とは違う形で会うことになってしまった・・・。オリジナルストーリーです! 史実通りではありません。

著者 お豆腐.(3)
PAGE 274ページ
閲覧 13129人
ファン! 1146人
更新 13-02-21 00:43
[総合1152位][ジャンル45位]
[作品レビュー(#11)]
 [新撰組] [斎藤一] [和風]

[歴史]【完結
さいとうはじめ、どーん!

「黙っててほしけりゃ言う事きけよ」豆腐の角に頭ぶつけて死んでくれないか。*不定期更新(?)

著者 *瑛*(4)
PAGE 1216ページ
閲覧 226549人
ファン! 6084人
更新 14-10-20 19:17
[総合1196位][ジャンル49位]
[作品レビュー(#120)]
 [新撰組] [新選組] [斎藤一]

[歴史]
花の鎖・蝶の棘

花宮果乃25歳、出来る女、年下キラー!?ある日突然幕末に…?「俺はあんたの忠実な犬だ」「惚れた女の泣き顔は見たくねぇんだよ、俺」 縺れ合う時代、心、運命の歯車が動き出す…

著者 香月一夜
PAGE 126ページ
閲覧 12395人
ファン! 646人
更新 16-06-28 23:14
[総合1518位][ジャンル63位]
[作品レビュー(#12)]
 [新撰組逆ハー?] [斎藤一] [原田左之助]

[歴史]【完結
久遠

彼氏と親友に裏切られ誰も信じられなくなってしまった凛音。一人訪れた卒業旅行先の京都で迷い込んだ不思議な写真館。それが全ての、この恋の始まりだった――。

著者 月城 紗時(11)
PAGE 631ページ
閲覧 61114人
ファン! 4183人
更新 13-07-14 04:11
[総合1157位][ジャンル46位]
[作品レビュー(#46)]
 [新選組] [幕末] [斎藤一]

[歴史]【完結
浅葱剣士、蘭舞伝―哀しき恋歌・幕末に蘭が咲く―

土方歳三の逆タイムスリップより少女は動乱へと呑み込まれてゆく「俺はなあ惚れてる女の為なら剣士の恥や誇りも捨てられんだよッ!」「小室が好きだ…」「わしが守っちゃる」さあ、幕末に蘭の花を咲かせましょう

著者 桜音月 楓(9)
PAGE 789ページ
閲覧 272652人
ファン! 3113人
更新 13-03-16 11:15
[総合1329位][ジャンル52位]
[作品レビュー(#18)]
 [新撰組] [土方歳三] [斎藤一]

[歴史]
其れは突としてこの胸を駆ける

寡黙で無表情、冷静かつ聡明。だけど本当のあなたの顔は、際限なく甘くてどこまでも小聡明い──怖いくらい狡猾な人。

著者 相沢 結斗(12)
PAGE 76ページ
閲覧 6793人
ファン! 638人
更新 18-07-29 01:46
[総合1831位][ジャンル77位]
[作品レビュー(#5)]
 [新選組] [斎藤一] [タイムスリップ]

[歴史]
凛と咲く【誠】

幕末にタイムスリップしてしまった藤堂 凛…そこには5年前居なくなったはずの双子の兄がいた。ファン登録してくださった方々、いつも読んで下さってありがとうございます♪毎日1ページ更新目標です!

著者 ゆず(2)
PAGE 550ページ
閲覧 65922人
ファン! 1767人
更新 11-12-31 19:49
[総合6612位][ジャンル136位]
[作品レビュー(#35)]
 [新撰組] [藤堂平助] [斎藤一]

[歴史]
茜色の空

茜色の空に誓う。今度こそはあなたの側に

著者 桜(2)
PAGE 14ページ
閲覧 378人
ファン! 26人
更新 15-07-06 06:47
[総合60637位][ジャンル856位]
[作品レビュー(#1)]
 [新撰組] [斎藤一] [恋愛]

[歴史]
愛しい人

新選組・斎藤一、奇兵隊・高杉晋作が1人の女のため…愛する人のため…幕末の時代を突き進む! 「お前と共に…。」 「俺が、一緒にいてやる。」

著者 翡翠
PAGE 38ページ
閲覧 2129人
ファン! 139人
更新 11-08-12 21:10
[総合13014位][ジャンル231位]
[作品レビュー(#1)]
 [恋愛] [斎藤一] [高杉晋作]

[前n]|[次n]


戻る