完結作品

(登録数:20770)




[恋愛小説]【完結

41位 警察一家の娘恋した相手はやくざの息子でした

警察一家の娘の真子はある男に一目惚れ。しかし彼はやくざの息子でした。※レビュー掲示板にネタバレあるので観覧注意です!作者は生まれも育ちも京都なので関西弁は京都弁交じりです。

著者 ミルク(15)
PAGE 733ページ
閲覧 1219633人
ファン 107718人
更新 12-02-19 11:29
[やくざ] [警察官] [完結]
[作品レビュー(2322)]
[恋愛小説]【完結

42位 Sweet Brother

「可愛いなぁー」デレデレな義理兄が「気持ち悪い」ツンデレな主人公を溺愛するドタバタライフ。「好きだよ。美乃里」女としてか妹としてか…どっちの意味ですか!?本編完結済。@mirukuumasi

著者 ミルク(15)
PAGE 303ページ
閲覧 2126331人
ファン 48947人
更新 15-09-27 21:55
[ミルク] [ラブコメ] [兄妹]
[作品レビュー(616)]

[恋愛小説]【完結

43位 ほんとはね

恋に疎い私の周りには……「だったら俺でもいい?」仲良しの幼なじみと「僕の事、1人の男として見て?」可愛い弟のような男の子。「キスしてほしいならそう言いなよ」憧れの先輩。私のほんとの気持ちは誰にある?

著者 あめ(4)
PAGE 484ページ
閲覧 39515人
ファン 3062人
更新 16-03-15 01:41
[恋愛] [幼なじみ] [年下]
[作品レビュー(10)]
[恋愛小説]【完結

44位 今日からキミと

「これは勉強。おとなしくしてて?」「なっ…!」──やって来た家庭教師はちょっぴり変態男。追い返すつもりだった…好きになんて、ならないはずだった──…

著者 やや(13)
PAGE 455ページ
閲覧 367813人
ファン 37237人
更新 11-01-02 21:12
[変態] [家庭教師]
[作品レビュー(144)]

[恋愛小説]【完結

45位 長谷くんは真顔で愛を語る。

どういうつもりか、毎日私の家に来る大学でも有名人な長谷くん。この人、なに考えてるの?…でも、嫌じゃない。失恋したて女子と超絶素直男子の恋の行方はいかに。@YOU22mbsp

著者 陽(8)
PAGE 315ページ
閲覧 72284人
ファン 4027人
更新 17-01-07 01:51
[学生] [激甘] [長谷くん]
[作品レビュー(22)]
[恋愛小説]【完結

46位 海は季節を追いかける。

「あんな約束、ただの呪いや。」幼なじみの二人とそれを取り巻く彼らは、どう成長すればいいのか分からず不器用に足掻く。子どもから大人に変わるとき、彼らは誰のそばを選ぶのか。@YOU22mbsp

著者 陽(8)
PAGE 603ページ
閲覧 47595人
ファン 1357人
更新 17-01-17 21:42
[子供から] [大人へ] [高校生]
[作品レビュー(40)]

[恋愛小説]【完結

47位 hat trick

鎖骨のラインがとても綺麗で。《触れたい》って、そう思った。

著者 SS(4)
PAGE 107ページ
閲覧 157983人
ファン 20627人
更新 15-05-01 23:25
[恋愛]
[作品レビュー(45)]
[恋愛小説]【完結

48位 出会って1時間で××をした。

一度きり……そのはずだったのに。その男と再会した場所は意外なところだった。《4/17新着オススメありがとうございます!》※レビュ返遅れてます、すみません。全部読んでます!

著者 pink sky
PAGE 398ページ
閲覧 2476454人
ファン 136222人
更新 14-07-15 14:38
[恋愛] [ピュア] [ラブコメ]
[作品レビュー(863)]

[恋愛小説]【完結

49位 先生は、私の旦那様

「ごめん、欲情してる。」『先生!?』毎週土曜日朝8時半にエスプレッソを頼む彼に恋をした…だけど彼は教師になって現れて…!?*8/19に新着オススメに選ばれましたっ!@Karuta_Novelist

著者 °.* Karuta *.°(2)
PAGE 411ページ
閲覧 317487人
ファン 30413人
更新 15-09-09 07:12
[学園] [先生] [眼鏡男子]
[作品レビュー(113)]
[私の恋愛(実話)]【完結

50位 束縛したがりさん。

束縛したがりな彼と私の日常。結婚しました。Twitter→@amamoridesu

著者 雨森
PAGE 450ページ
閲覧 373886人
ファン 6424人
更新 17-02-07 02:00
[恋愛] [ヤンデレ] [恋人]
[作品レビュー(160)]

[前n]|[次n]


戻る
モバスペBOOK