歴史

時舞う桜

父の影響から斎藤一を師匠と呼ぶ柚希はひょんなことから時を越えていた…。その先で新撰組の元に身を寄せることになった柚希は――…?「結局、私自身が史実を歪ませる存在なんですね……。」

著者 鳴海(2)
PAGE 463ページ
閲覧 43163人
ファン 1846人
更新 18-01-04 23:33
総合21291位
ジャンル309位
[新撰組] [沖田総司] [斎藤一]

この作品を読む
しおりから読む
Twitterで送信  LINEで送信

[作品レビュー(#13)]


モバスペBOOK