文学完結】《短編》

畜生道

「私はもう人間ではありません。 なぜなら無抵抗な妻と息子を殺した畜生道に墜ちた汚らわしく残酷な男だからです……。」 妻と息子を殺した男の遺書はそんな書き出しから始まっていた……。

著者 つちき(6)
PAGE 5ページ
閲覧 1767人
ファン 30人
更新 10-10-18 20:38
総合11385位
ジャンル154位
[殺人] [短編] [畜生道]

この作品を読む
しおりから読む
Twitterで送信  LINEで送信

[作品レビュー(#11)]


モバスペBOOK