歴史

桜舞う日─桜花の愛歌─

――私がここへ来たのはきっと、このためだったんだ。 私は幕末で『生』の意味を知り、『愛』を見つけた。 ※閲覧者様1万人突破!感謝感激です(深々)

著者 侑罹(2)
PAGE 168ページ
閲覧 21664人
ファン 898人
更新 14-10-04 10:39
総合6894位
ジャンル111位
[新撰組] [沖田総司] [桜舞う日]

この作品を読む
しおりから読む
Twitterで送信  LINEで送信

[作品レビュー(#10)]


モバスペBOOK