歴史完結

流れ星ひとつ

光莉が歴史の本で見つけた写真に写る男は、幼い頃行方不明になった大好きな十志くんにそっくりだった―――。"鬼の副長"と呼ばれる前の、若き日の土方歳三と主人公光莉の、切ない恋の物語。

著者 茉莉(4)
PAGE 556ページ
閲覧 110769人
ファン 5265人
更新 10-09-19 23:54
総合6915位
ジャンル98位
[土方歳三] [試衛館] [タイムスリップ]

この作品を読む
しおりから読む
Twitterで送信  LINEで送信

[作品レビュー(#188)]


モバスペBOOK