歴史完結

きみの世界に染まるとき〜孤蝶と諸恋〜

「聴こえて――――無いんだね……?」時を渡った代償、救えなかった罪…ゆったりと波のような恋は温かくも時代へと呑み込まれてゆく…私は、今日も きみの面影を、踏んで歩く

著者 紅屋 楓(7)
PAGE 172ページ
閲覧 14254人
ファン 1012人
更新 13-09-18 08:23
総合437位
ジャンル18位
[入江九一] [長州] [松下村塾]

この作品を読む
しおりから読む
Twitterで送信  LINEで送信

[作品レビュー(#11)]


モバスペBOOK