ファンタジー

宝の森

一生、話すことはないって思ってた。夏の夕暮れ。クラスメイトの奥森くんに、なぜか自宅で出会う。ほんの少しの会話。それが異世界へのきっかけだった。

著者 ぴらにあ(2)
PAGE 7ページ
閲覧 29人
ファン 2人
更新 21-09-13 01:45
総合69199位
ジャンル3706位
[ファンタジー] [現代] [異世界]

この作品を読む
しおりから読む
Twitterで送信  LINEで送信

[作品レビュー(#0)]


モバスペBOOK