歴史

死出の奏で

時は幕末。時代の変貌に足掻く人間が数多くいた頃…。鬼とも人間ともつかぬ己に、悩み苦しんでいる者がいた。 「鬼と人間は…決して相容れない、共生出来ない運命なのだろうか…」と―――…。

著者 ちょこ(3)
PAGE 45ページ
閲覧 3185人
ファン 101人
更新 10-05-01 16:48
総合8028位
ジャンル130位
[新選組] [] [藤堂平助]

この作品を読む
しおりから読む
Twitterで送信  LINEで送信

[作品レビュー(#2)]


モバスペBOOK