歴史

恋うは君の影

ある日突然幕末の京都にタイムトリップしてしまった紗那。彼女はそこで和菓子屋を営む先祖や新撰組と出会うのだが…「変な格好だな」――「あんさん、ここで働きまへんか?」そこで紗那を待ち受けていたものは…!?

著者 凛子(5)
PAGE 328ページ
閲覧 10518人
ファン 896人
更新 18-02-28 18:46
総合26625位
ジャンル352位
[新撰組] [タイムトリップ] [恋愛]

この作品を読む
しおりから読む
Twitterで送信  LINEで送信

[作品レビュー(#8)]


モバスペBOOK