歴史完結

夢想花【第壱章】

「私はただ守りたいだけ。これ以上何も、誰も失いたくない……!」不思議な出来事によって、幕末という動乱の時代に降り立った少女、雛乃。記憶と色彩を失っていた彼女に待ち受ける運命とは――? 恋愛要素有。

著者 桜柚(6)
PAGE 1069ページ
閲覧 133555人
ファン 6327人
更新 13-11-23 22:22
総合924位
ジャンル32位
[新撰組] [長州] [幕末]

この作品を読む
しおりから読む
Twitterで送信  LINEで送信

[作品レビュー(#57)]


モバスペBOOK