恋愛小説完結

私はマネキンだから、と彼女は言った。

「また、来てもいい?」学校一の美人は変わってるらしい。そして、誘えば簡単にヤらせてくれる。俺はただ、屋上で昼寝をしてるだけ。「ああ…。」そう返事をしたのは、俺だ。

著者 まゆち(65)
PAGE 13ページ
閲覧 3813人
ファン 190人
更新 13-02-23 23:49
総合43361位
ジャンル19323位
[マネキン] [人の心] [寂しさ]

この作品を読む
しおりから読む
Twitterで送信  LINEで送信

[作品レビュー(#5)]


モバスペBOOK