文学完結】《短編》

名もなき一日の哀歌

歴史に残らない、名もなき一日。引っ越してきたこの街が、どうしても好きになれなかった――。※一部、流血表現を含みます。

著者 卯月(6)
PAGE 23ページ
閲覧 1701人
ファン 51人
更新 11-08-09 10:56
総合17545位
ジャンル243位
[原爆] [8月9日] 

この作品を読む
しおりから読む
Twitterで送信  LINEで送信

[作品レビュー(#9)]


モバスペBOOK