その他 小説完結

いつか僕は君を忘れる。

心臓の音が重なる。まるで、もともと私たちが1つの生物だったみたいに…。その音は重なりあって、一つの音を奏でている。

著者 まゆち(65)
PAGE 8ページ
閲覧 1584人
ファン 50人
更新 13-05-16 14:39
総合46066位
ジャンル3552位
[忘れる] [愛する] [信じる]

この作品を読む
しおりから読む
Twitterで送信  LINEで送信

[作品レビュー(#3)]


モバスペBOOK