歴史

花の雨と鈴の音

江戸・吉原の女郎、鈴音。過去を隠していた鈴音が、会いたかったが会ってはいけない人と出会ってしまったことで、運命は動き出す・・・。

著者 瑞浪沙帆(4)
PAGE 165ページ
閲覧 2035人
ファン 98人
更新 18-08-02 23:11
総合53555位
ジャンル734位
[江戸] [恋愛] [吉原]

この作品を読む
しおりから読む
Twitterで送信  LINEで送信

[作品レビュー(#2)]


モバスペBOOK