恋愛小説

僕は天使じゃない

覚えてる。イヌツゲの影で泣いてた小さな男の子。パパはあの子の事を天使だって言ってた―――10年の月日がたち高校2年生となっていた朱里。実はその天使が自分のイトコと知り同棲することに…!?

著者 RIN
PAGE 19ページ
閲覧 100人
ファン 6人
更新 12-08-21 19:52
総合32724位
ジャンル14694位
[恋愛] [学園] 

この作品を読む
しおりから読む
Twitterで送信  LINEで送信

[作品レビュー(#1)]


モバスペBOOK