文学完結

星屑に、口付けを

『星を掴みたいんだ。』そう言って彼は大きなリュックサックに週刊雑誌、くまの大きなぬいぐるみ、食べかけのチョコレートなどあまり役にたたないものを詰めて笑顔で出て行った、091004 完結しました!★

著者 如月(4)
PAGE 83ページ
閲覧 6154人
ファン 387人
更新 09-10-04 12:38
総合5745位
ジャンル66位
[] [不思議] 

この作品を読む
しおりから読む
Twitterで送信  LINEで送信

[作品レビュー(#36)]


モバスペBOOK