歴史完結

月下の笛

戦国時代を風魔の忍びとして生きた半妖がいた。北条家の滅亡から風魔衆の壊滅まで。時代の移り変わりを己の目で見感じ、人生の長い旅路の末出会ったのは、流罪となった徳川家康が六男、松平忠輝だった…。 〔年表を加えました〕

著者 風天子(4)
PAGE 244ページ
閲覧 12477人
ファン 409人
更新 09-07-01 21:00
総合3029位
ジャンル32位
[戦国時代] [風魔] [半妖]

この作品を読む
しおりから読む
Twitterで送信  LINEで送信

[作品レビュー(#7)]


モバスペBOOK