文学完結

少女は深く眠りに墜ちる

自殺志願者の私と殺人者の正義理論を持った彼のお話。 それは、たった7日間で濃縮した夏の暑いあの日。 カゲロウはいつだって、私達を見守っていた。 最高順位11位ありがとうございます。

著者 愛哀(4)
PAGE 89ページ
閲覧 967人
ファン 67人
更新 12-09-30 16:08
総合30144位
ジャンル424位
[カゲロウ] [陽炎] [蜻蛉]

この作品を読む
しおりから読む
Twitterで送信  LINEで送信

[作品レビュー(#2)]


モバスペBOOK