恋愛小説完結】《短編》

本当に、そう思ったんだ。

煙草をくわえる唇、ライターを付ける手、吐き出す白い息、その時あなたの目が少し細くなる瞬間、私はあなたの煙草になりたい。―――本当に、そう思ったんだ。*社会人と高校生の話

著者 春田(17)
PAGE 5ページ
閲覧 31308人
ファン 1081人
更新 10-09-20 09:55
総合12874位
ジャンル5644位
[社会人] [年上] [短編]

この作品を読む
しおりから読む
Twitterで送信  LINEで送信

[作品レビュー(#85)]


モバスペBOOK