ファンタジー

藍と紅の空

幼い頃から運命で繋がっていた「紅の姫君」と「藍色の罪人」が、ある事件を境に敵対する。しかし、二人は愛し合い、本当の時は動き始める。運命により定められていた儀式とは……

著者 白緋流伊(2)
PAGE 48ページ
閲覧 2674人
ファン 20人
更新 09-04-30 20:46
総合2047位
ジャンル175位

この作品を読む
しおりから読む
Twitterで送信  LINEで送信

[作品レビュー(#2)]


モバスペBOOK