恋愛小説完結】《短編》

八月の群青

ド田舎に住む青年が、今も昔も暴君のごとき一人の女子に振り回され続けるお話です。「そろそろ結婚しようか、私達」「僕達付き合ってないだろ…… ていうか、会ったのさえ数年ぶりだろうが!」

著者 野良山田(8)
PAGE 23ページ
閲覧 6374人
ファン 234人
更新 10-07-06 23:11
総合11062位
ジャンル4721位
[暴君] [下僕] [不条理な関係]

この作品を読む
しおりから読む
Twitterで送信  LINEで送信

[作品レビュー(#19)]


モバスペBOOK