[恋愛小説]

不純愛DNA

手の甲に浮き出た血管の碧色をキレイだと思った。私はその血に触れちゃいけなかったのに。

著者 ゆりりん(7)
PAGE 206ページ
閲覧 167991人
ファン 3012人
更新 20-03-29 20:03
総合3位
ジャンル3位
[恋愛] 

この作品を読む
しおりから読む
Twitterで送信  LINEで送信

作品レビュー(29件)
でこっぱち (10点)
いつも素敵な作品で楽しく読ませてもらってます!更新がちょくちょくあって嬉しいです//春休みですが風邪が流行っててどこにも行けなくて憂鬱だったのですが、この作品のおかげで少しは楽しく過ごせますありがとうございます( ? )
03-20 19:07 (49aa6c)
⇒通報する

はるよ (10点)
いつも素敵な作品をありがとうございます。読んでいて楽しいです。
03-18 21:38 (40bdbe)
⇒通報する

ちな (5点)
楽しく読ませて頂いております。僭越ながら老眼鏡は小さい文字を読む眼鏡なので運転は基本的に出来ません。気になったので書かせて頂きました。続き楽しみにしております。
03-11 21:41 (29da54)
⇒通報する

杏織 (10点)
他の作品を読んでいると翔平くんのパパは、かっこよくて男らしくて強くて色々な形で家族を守ろうとするヒーローなのに、たった1つの間違いの不倫相手やその家族からしたら、恨まれる対象になってしまうんですね、、、物語って、ある程度決められた視点で進むけど、シリーズ化してくださってるおかげで、同じ出来事を違う人物の視点で覗き見れて、本当に面白いです。
03-09 23:04 (0109c7)
⇒通報する

(8点)
いつもドキドキしながら拝読しております。僭越ですが、P185「役不足」ではなく「力不足」のお間違いではありませんか?主人公の恋愛のベクトルはどうなるのか続きを楽しみにしております。
03-06 16:23 (e4a90a)
⇒通報する

この作品を読む
しおりから読む

[←前]|[次→]


モバスペBOOK