[恋愛小説]

不純愛DNA

手の甲に浮き出た血管の碧色をキレイだと思った。私はその血に触れちゃいけなかったのに。

著者 ゆりりん(7)
PAGE 173ページ
閲覧 131988人
ファン 2778人
更新 20-02-18 17:58
総合3位
ジャンル3位
[恋愛] 

この作品を読む
しおりから読む
Twitterで送信  LINEで送信

作品レビュー(26件)
たきこみ (10点)
文章、言葉の言い回しがとても素敵で話にひきこまれます、最高です、、、!!
02-16 00:39 (42680f)
⇒通報する

そらまめ (10点)
いつも少し遅れた頃にあ、新作だ!って見つけて嬉しくなって読んでます。なんか毎回、きゅんきゅんもするけどそれだけじゃなくてしんどかったり、胸が苦しくなったりします笑 ゆりりんさんの文の書き方、表現の仕方が大好きです、これからも応援してます!更新楽しみにしています(^^)
02-10 23:00 (fbad1c)
⇒通報する

下駄 (10点)
全部繋がっているからこそ、どのお話でも登場人物への思い入れが強くなりますね。みんな幸せになって欲しいと思います。
02-08 21:17 (fc505e)
⇒通報する

るんるん (10点)
いっちばん好きです全作品好きですもう好きですありがとうございます
02-07 23:06 (ec00ab)
⇒通報する

まいちん (10点)
いつも楽しみに拝見しております。今回のページ、特にあの台詞がキュンときました…!私の母性本能もギュンギュンです!!いつもありがとうございます。
02-04 02:28 (63c0d4)
⇒通報する

この作品を読む
しおりから読む

[←前]|[次→]


モバスペBOOK