[恋愛小説]

難攻不落の水瀬くん。

「ごめん。無理。」女子の告白は速攻でお断りする難攻不落の男、水瀬。そんな彼は、私のことが好きらしい。「可愛すぎて食べちゃいたい…」甘すぎて、気絶しそう。

著者 椿
PAGE 101ページ
閲覧 112455人
ファン 7366人
更新 18-03-16 16:17
総合624位
ジャンル289位
[難攻不落] [甘々] 

この作品を読む
しおりから読む
Twitterで送信  LINEで送信

作品レビュー(18件)
るる (10点)
とてもきゅんきゅんしました!続きが気になります!更新待ってます、、(TT)
12-02 11:39 (93cf25)
⇒通報する

かた (10点)
続き気になります!更新頑張ってください!応援してますー!!!。゚(´つω・`。)゚。
11-06 04:47 (7b2610)
⇒通報する

niji (8点)
水瀬くんかわいくて、読んでいて楽しいです!更新楽しみにしてます☆
04-26 17:38 (107629)
⇒通報する

なめ (10点)
牧田友達として彼女おる人合コン誘うってどうなん?しかも彼女の前で。人としてクソすぎて今までキャラでうざい役しとるんかと思ったけど素でうざいんやなあ。こんなクソみたいなやつとは絶対友達なりたくないなあ。冗談としても全然笑えんし、クソほど面白くねえ冗談言うなカスって思った。
03-05 19:06 (219cdb)
⇒通報する

vam (10点)
うーん…、まぁ、うん…。話の流れ的に水瀬くんはああいう対応じゃないと続かない感じはするけど、好きな女が怖がってんのにそういうことして、挙句満足そうなんや…。甘いのか?それ。自分の欲求も満たしたいならその感じがときたま顔を見せても良かったけど、急にそれ出されても今まで甘かったんだとしたらいきなりじゃない?って感じ。しかも、いつもは勝気な子が怖いからって水瀬くんに頼るんか…?っていう違和感。
02-26 23:10 (ca2e67)
⇒通報する

この作品を読む
しおりから読む

[←前]|[次→]


モバスペBOOK