[ドキュメンタリー]
完結】《短編》
あの時、聞いていれば。

友達との早すぎる別れ。実話です。こんな後悔をもう誰もしないよう願って、書きます。

著者 れいな(6)
PAGE 45ページ
閲覧 1722人
ファン 152人
更新 12-09-02 11:13
総合34318位
ジャンル1199位
[実話] [病気] [生きる]

この作品を読む
しおりから読む
Twitterで送信  LINEで送信

作品レビュー(8件)
*奈流未 (9点)
5co1の仲良し娘だからこそシ言えなかった。弱いところは見せたくなかった。かも知れない(・・;)その気持ちもイト残された側の気持ちも解るよ!ホホ人間誰しも死があることも当然…だけどいつ来るかは解らない。だからこそ、今も周りの人達も大切にしようと思ったぁo(^-^)oイy~ありがとう~
05-25 13:05 (03fabd)
⇒通報する

ケイちゃん (7点)
とても感動しました。命の尊さを学ぶことが出来ました。大切な人が側にいるって当たり前のことではないですもんね…。前向きに頑張ってください。
02-22 15:39 (5d1b41)
⇒通報する

美妃 (10点)
とても感動しました。命の重みや、当たり前がどれだけ幸せか…というのが改めて分かりました。この小説を読んで、私は「今」を大切にしたいと本当に思いました。後悔しないためにも…。この小説は考えさせられる小説だと本当に思います。素敵な小説をありがとうございました。
10-30 00:16 (bf0fc9)
⇒通報する

HINA (10点)
めちゃ号泣してしまいました(;_;)友達を亡くされるのは一番ツラいことだと思います(泣)1日1日を大切に生きていき、今の日常がどれだけ幸せなのかを改めて実感しました。
10-29 23:55 (98be5a)
⇒通報する

(*´ー`*) (10点)
めっちゃ泣きました(;_;)先生ひどすぎる!私も含めみんなにとっての明日が当たり前にくるなんて思っちゃだめだなって思いました。友達を大切にして1日1日を精一杯生きようと思いました(;_;)
10-10 21:32 (5b3963)
⇒通報する

この作品を読む
しおりから読む

[←前]|[次→]


モバスペBOOK