[恋愛小説]

隣の席の、五十嵐くん。

クラスでは、大人しい方です。隅っこにいる方です。そんな私が、高望みをしてもいいのでしょうか。ゆっくり花開くは、確かな恋心。※予想・ネタバレレビューはお控え下さい。

著者 ひなた(12)
PAGE 409ページ
閲覧 759234人
ファン 11131人
更新 17-11-23 10:13
総合1位
ジャンル1位
[学園] [無口] [不器用]

この作品を読む
しおりから読む
Twitterで送信  LINEで送信

作品レビュー(332件)
みき (10点)
怜ちゃん好きだったけどもっと好きになった笑笑続編ないかなーって期待せずにいますね笑
11-23 13:04 (09f8b1)
⇒通報する

るな (10点)
えっまさかの怜ちゃんwwwwwwwww怜ちゃんストーリー出てきそうwwwwwwwwwやべえ怜ちゃんwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww好き
11-23 11:31 (83886c)
⇒通報する

かな(?´ ? ` ) (10点)
平凡といえば平凡などこにでもありそうだけどないような読んでてほんわかするこの物語が大好きです。
11-22 21:21 (85c86c)
⇒通報する

ゆーあ (10点)
面白くてとても読みやすくてよかったです!かおりちゃんと誕生日と血液型同じでびっくりしました笑
11-22 00:06 (0eed20)
⇒通報する

みみみ (10点)
簡潔お疲れ様でした!ここまでハマったお話は本当に久しぶりで毎日更新されるのがとても楽しみでした!五十嵐くん夏生まれなんですね!お祭りが終わったらそろそろなのかな…?きっと椿ちゃん誕生日のお祝いでそわそわするのかな…?笑これからもゆっくりと仲を深めていく二人を楽しみに見守りたいと思います(^^)
11-21 23:32 (bc6689)
⇒通報する

この作品を読む
しおりから読む

[←前]|[次→]


モバスペBOOK