[恋愛小説]

隣の席の、五十嵐くん。

クラスでは、大人しい方です。隅っこにいる方です。そんな私が、高望みをしてもいいのでしょうか。ゆっくり花開くは、確かな恋心。※予想・ネタバレレビューはお控え下さい。

著者 ひなた(12)
PAGE 257ページ
閲覧 365385人
ファン 8215人
更新 17-09-20 22:45
総合2位
ジャンル1位
[学園] [無口] [不器用]

この作品を読む
しおりから読む
Twitterで送信  LINEで送信

作品レビュー(226件)
テレジア (10点)
女子陰湿すぎぃ…。でもこの、五十嵐くんも乃愛ちゃんも居ないところでじわじわしてくる感じが凄く分かってしまう…笑主人公強くなれ〜!!負けないで欲しい溜め込まないでほしい!!!!
09-21 02:03 (14ac82)
⇒通報する

(10点)
のあちゃんが好きすぎる!!!笑椿ちゃん頑張れ〜〜( ; ; )!
09-20 23:03 (2d6642)
⇒通報する

ぱる (10点)
椿ちゃんがんばれ!泣のあちゃんなんだかんだやっぱいい子だなって思う。
09-20 22:56 (279aba)
⇒通報する

ユメ (10点)
のあちゃんがすごく好きです〜〜。椿ちゃんみたいにしなやかで強いところに気づいてるのあちゃんにとても共感します!
09-20 21:31 (a91399)
⇒通報する

るな (10点)
椿ちゃんそんな性格ブスに負けないで〜〜〜〜〜〜(;_;)こう言ってくるやつとか自分のことなんだと思ってんの?!?!椿ちゃん心綺麗すぎて不安、、、頑張れ椿ちゃん五十嵐くんも気づいてあげてえ、、!!!!
09-20 21:03 (83886c)
⇒通報する

この作品を読む
しおりから読む

[←前]|[次→]


モバスペBOOK