[恋愛小説]
完結
隣の席の、五十嵐くん。

クラスでは、大人しい方です。隅っこにいる方です。そんな私が、高望みをしてもいいのでしょうか。ゆっくり花開くは、確かな恋心。※予想・ネタバレレビューはお控え下さい。

著者 ひなた(12)
PAGE 459ページ
閲覧 901637人
ファン 13635人
更新 18-01-12 20:32
総合50位
ジャンル26位
[学園] [無口] [不器用]

この作品を読む
しおりから読む
Twitterで送信  LINEで送信

作品レビュー(363件)
ゆきんこ。 (10点)
五十嵐くん、椿ちゃんやばかったです!読んでてワクワク、どきどきしながら楽しく読ませて頂きました。学校行事の時とかのあちゃんみたいな女子とかめっちゃリアルで面白かったです!違う作品も読ませて頂きますねヒ
01-23 21:41 (80a4a0)
⇒通報する

みかん (10点)
久々に椿ちゃんと衛くんに会えて嬉しかったです。相変わらず仲が良くてよかった!
01-20 05:10 (798dd0)
⇒通報する

わたあめ (10点)
椿ちゃんの口調がすごく好き。控えめな人が好きだから、見ててすごくすごく心がポカァーってなる。
01-17 01:17 (392279)
⇒通報する

りん (10点)
ああ、本当にこの2人はかわいすぎる…。マルちゃん、わたしもだよ。て言うか、椿ちゃんの学校、学ランなのねP
01-14 17:37 (61ea26)
⇒通報する

S (10点)
初レビューです!まじでこの作品好きすぎて学校で友達に読んでみて!ってめちゃ言ってます(笑)あんまり恋愛小説読まないのですがこの作品は更新されたら速攻読んでました(笑)(笑)完結した後もたまに更新されるとすごく嬉しいです!鬼が出るか蛇が出るかも読んでるのでこれからも更新楽しみにしてます!!
01-14 10:56 (c87178)
⇒通報する

この作品を読む
しおりから読む

[←前]|[次→]


モバスペBOOK