[恋愛小説]
完結
隣の席の、五十嵐くん。

クラスでは、大人しい方です。隅っこにいる方です。そんな私が、高望みをしてもいいのでしょうか。ゆっくり花開くは、確かな恋心。※予想・ネタバレレビューはお控え下さい。

著者 ひなた(17)
PAGE 459ページ
閲覧 945682人
ファン 16543人
更新 18-01-12 20:32
総合85位
ジャンル32位
[学園] [無口] [不器用]

この作品を読む
しおりから読む
Twitterで送信  LINEで送信

作品レビュー(373件)
らぶちゃん (10点)
久しぶりにまた最初から読んだけど、ほんとにほんとに何回読んでもキュンキュンします!2人の純粋な感じが新鮮すぎて夜中なのに何回もニヤけて叫んじゃってとにかくやばいです笑
06-11 03:02 (de6a70)
⇒通報する

伊吹楓 (10点)
もっと、もっと……!!!キュンキュン…したい。笑笑いつも楽しく読ませて頂いてます!楽しいお話をありがとうございます!ん?なんかこれって変?笑
05-30 20:10 (70ca83)
⇒通報する

me (10点)
この物語を読むと、人としての大事なことを思い出させてくれるような気がする。椿がとっても素敵な女の子で、ああこんな人になりたいなと思う。薄汚れた心が浄化されていく感じかな〜。あと、椿が可愛すぎて勝手に衛目線になっていく笑 衛が椿を「かわいい」と言うタイミングで同じく可愛いって思ってる笑 本当に素敵な女の子だな〜
05-28 21:31 (935066)
⇒通報する

千青 (10点)
椿ちゃんは見ていて心配になるようなところもあるけど、それをいつも、衛くんが守ってあげていることが本当にキュンキュンします。椿ちゃんの性格、個人的にすごく大好きです。素敵な作品をありがとうございます^^*
04-25 00:04 (f4b461)
⇒通報する

のりしお (10点)
学校の女子の感じと、落ち着いたストーリー展開がとてもリアルで、ぐんぐん惹きこまれました!最後まで読んでも、もっとずっと読んでいたい気分です笑
04-17 11:26 (f1f231)
⇒通報する

この作品を読む
しおりから読む

[←前]|[次→]


モバスペBOOK