[恋愛小説]
完結
隣の席の、五十嵐くん。

クラスでは、大人しい方です。隅っこにいる方です。そんな私が、高望みをしてもいいのでしょうか。ゆっくり花開くは、確かな恋心。※予想・ネタバレレビューはお控え下さい。

著者 ひなた(14)
PAGE 459ページ
閲覧 913006人
ファン 14354人
更新 18-01-12 20:32
総合68位
ジャンル29位
[学園] [無口] [不器用]

この作品を読む
しおりから読む
Twitterで送信  LINEで送信

作品レビュー(366件)
里樹 (10点)
いつもと雰囲気の違った作品で本当に同じ作者が書いたものか、とびっくりしました!五十嵐君 カッコイイです。椿ちゃん、可愛いです。読みながらずっと1人で雄叫びあげるほどキュンキュンな作品でした。枯れた心にピュアな青春を注ぎ込んで下さり、ありがとうございました…。ごちそうさまでした(?´?`?)
02-14 21:44 (821490)
⇒通報する

あおいちやん (10点)
すごく素敵な作品でした!五十嵐くんかっこよすぎます!
02-03 21:49 (73489d)
⇒通報する

恋櫻 (10点)
本当に最高の小説でした。久々に長編を読みましたが、恋がしたくなる素敵なお話でした。これからも頑張って下さい!
01-31 03:50 (f85cd2)
⇒通報する

ゆきんこ。 (10点)
五十嵐くん、椿ちゃんやばかったです!読んでてワクワク、どきどきしながら楽しく読ませて頂きました。学校行事の時とかのあちゃんみたいな女子とかめっちゃリアルで面白かったです!違う作品も読ませて頂きますねヒ
01-23 21:41 (80a4a0)
⇒通報する

みかん (10点)
久々に椿ちゃんと衛くんに会えて嬉しかったです。相変わらず仲が良くてよかった!
01-20 05:10 (798dd0)
⇒通報する

この作品を読む
しおりから読む

[←前]|[次→]


モバスペBOOK