[恋愛小説]

イエロウ

「まこのためだよ。」そう私に笑いかける彼の言葉は、本当は誰のための言葉だったんだろう。

著者 猫目(4)
PAGE 26ページ
閲覧 574人
ファン 87人
更新 18-11-15 23:44
総合95位
ジャンル39位
[] 

この作品を読む
しおりから読む
Twitterで送信  LINEで送信

作品レビュー(1件)
瑠音 (10点)
読んでて 息苦しささえ 感じました! 要くんの行動には ?って 思います 頭では 理解しても 海に きて 外に出ないなんて ナンセンスすぎ〜 私の年でも 波を 見たら 走りだしたく なりますものね!(私だけ? ) 本当 クラスメート 酷すぎ! 主人公 よく 耐えたけど これからの 展開が 楽しみです!
11-07 14:36 (9b172f)
⇒通報する

この作品を読む
しおりから読む

[←前]|[次→]


モバスペBOOK