[ドキュメンタリー]
完結】《短編》
捨てられたひでくん

作者の身近で起こった実話です。お話としては面白くないと思いますが、最後まで頑張って書きます。

著者 ニートマン(2)
PAGE 36ページ
閲覧 762人
ファン 55人
更新 16-07-26 18:15
総合66035位
ジャンル2492位
[] [家族] [実話]

この作品を読む
しおりから読む
Twitterで送信  LINEで送信

作品レビュー(1件)
*奈流未 (8点)
ひでくんと私が呼んでる人も、愛着障害を持った人も身近にいるので何処かに親近感を感じてこの話を読んだ自分が居ました。ただ、この話の『私』はどの立場の人間なのでしょう?家族との接点は? 子どもは自由に親を選べないけど、当然、人権がある!私はこの母親にも共感出来なくて…。 『可哀想』って抽象的な言葉では済ませたくない、課題の時事問題で考えさせられました。
11-15 01:33 (03fabd)
⇒通報する

この作品を読む
しおりから読む

[←前]|[次→]


モバスペBOOK