[恋愛小説]

天然たらしが本気を出す時。

「橘さんは可愛いよ」なんてさらっと素で言っちゃう七瀬くんが本気を出すと「存分に甘やかして俺がいないと生きていけないって言わせたい」…超やばい。/更新状況は日記にて

著者 Pino(5)
PAGE 110ページ
閲覧 100358人
ファン 6049人
更新 18-04-18 18:19
総合2位
ジャンル2位
[恋愛] [甘々] [ラブコメ]

この作品を読む
しおりから読む
Twitterで送信  LINEで送信

作品レビュー(55件)
きい (10点)
橘ちゃんってほんまに鈍感っていうかアホ過ぎっていうか(笑)麻里もウザイくて面白いかもしれんけど主人公のこのアホさも笑けるヌ更新頑張ってください!
04-18 20:43 (83998f)
⇒通報する

マシュ (8点)
いやいやいや気づくでしょさすがに、、、天然の域を越してただのバカって思っちゃう。でもおもしろいから見に来るんだけど(^ν^)
04-18 20:29 (4c8d19)
⇒通報する

あん (10点)
小菜ちゃんが麻里ちゃんの小?悪魔チックなところに気づいてなくて、麻里ちゃんの攻撃が一切効かず鈍感ゆえに鉄壁なところが面白いです。このまま勝手に麻里ちゃんが墓穴ほって、七瀬くんが引導渡して、勝手に身を滅ぼす展開でも楽しそうだなぁとも思ったり。楽しく読んでおります。更新頑張ってください!
04-18 20:27 (6f8dc2)
⇒通報する

# (0点)
主人公が気付かなさすぎていい加減ムカつきます。それと、話の展開も遅いので両方でイライラします。おもしろいのに残念
04-18 19:26 (cc8992)
⇒通報する

774 (10点)
邪魔してる訳じゃない、って直ぐには言い切れてない辺りから薄々本性に気付いてはいるんだろうけど、何でそんなにもまりちゃんの事を信じられるのかがいまひとつ分かりません。鈍いにも程があります
04-18 19:10 (7c115d)
⇒通報する

この作品を読む
しおりから読む

[←前]|[次→]


モバスペBOOK