[恋愛小説]
完結
零感少女と零体男。

高校二年の夏。私に大事なことを教えてくれたのは、『おばけなんてなーいさっ、おばけなんてうーそさっ』「怖がり」『怖くねぇ!!』ビビりな、見えない人(もどき)でした。@YOU22mbsp

著者 陽(10)
PAGE 186ページ
閲覧 43474人
ファン 1833人
更新 17-03-28 22:02
総合651位
ジャンル251位
[零零] [高校生] 

この作品を読む
しおりから読む
Twitterで送信  LINEで送信

作品レビュー(54件)
vam (10点)
うるっときます。当たり前のようにうるっときます。きゅーたが、最後に、やっぱりきゅーただってことを見せてくれて、それが余計に涙腺にズドンってきます。思い出せなくても、無意識に幽霊のきゅーたが存在していることは、最初こそ辛かれど、段々それもいいかなって思えると思うし、のどかもそうだったと思う。初めての読んだのは、これだった気がします。読むのは三回目です笑何回読んでも色褪せないのが陽さんの作品の魅力だと思います。
11-24 17:35 (ca2e67)
⇒通報する

りと (10点)
なにこれ素敵すぎる、、泣けるしニヤけるし連続で4回も読んじゃいました( ? ? )わー、もう1回読も、、、
11-02 15:08 (9bfc92)
⇒通報する

一色 (10点)
うわわ、ホントだ( ̄∇ ̄)自分でもこんなに書いてるとは…… 書き直しはダメですよー!あれは素晴らしい作品です!!書き直し断固反対です! と言いたかったです。(笑)次からは文字制限かからないよう気をつけときます。(笑)
08-17 18:48 (e55169)
⇒通報する

みうら (10点)
不覚にも泣いてしまった…やばい。きゅーた何なんですか。青春したいです!!!
07-01 17:08 (79f69f)
⇒通報する

すいか (10点)
この作品何度も読んでます。本当にめちゃめちゃ大好きです!!!凄く面白くて、最後の方は涙涙で、終わったときにほんわかした気持ちになりました。素敵な作品本当にありがとうございました(*´∇`*)
06-21 19:58 (977158)
⇒通報する

この作品を読む
しおりから読む

[←前]|[次→]


モバスペBOOK