アシンメトリー
(作品レビュー:122件)

名前:
レビューコメント(必須)
レビュー規約(必読)



ヌヌヌ(10点)[編集] [禁止] [通報]
私が約2年前の高校卒業時にこの作品に出会ってからずっとずっと携帯小説の中でもこのお話が一番大好きです。携帯小説を2回以上も読み返す事はないのですがこの作品だけは別で、忘れた頃に読み返してはやっぱり好きだなぁと何度も思います。今回もふと昨日思い出して読み返していました。2年前と冒頭に書かせて頂きましたが年齢的には初めて読んだときから今月で3歳も年をとります...笑初めて読んだ時は心が不安定な時だったので余計にそれぞれ何かを抱えている登場人物に自分と重ねていたりしました。それから歳を重ね、黒木さんをはじめとす
^06-04 20:53 (14a8a4)

[作者返信済み]

茉莉(10点)[編集] [禁止] [通報]
ヒロインに一度も苛つかないって初めてかもしれません…桜子、手段を選ばない行きあたりばったりの体当たり系かと思えば、その実すごくクレバーで賢いですね。黒木さんのことは勿論、新太くんを初めとしたほかの人部の感情に尊くて、そのひとが必要としてる言葉をさらっと言ってあげる感じがすごくすき
^04-26 21:51 (26ddfe)

[作者返信済み]

未有(10点)[編集] [禁止] [通報]
黒木さんが好きすぎて死にそう……儚げでおとなしそうなのに内には闇と激情を秘めていて、さらに天然ものの魔性で鈍感なとこもあるっていう二重ギャップやばいです。根っこの部分のやさしすぎるところとか、そこからくる自虐的なところを男前な桜子ちゃんが抱きしめるっていうのが最高of最高でした…
^04-26 09:03 (1a7563)

[作者返信済み]

サクラ(10点)[編集] [禁止] [通報]
35ページまで読みましたがとても良かった!続きが楽しみ!!
^04-09 11:56 (a9fafe)

[作者返信済み]

あやしろ(10点)[編集] [禁止] [通報]
モバスペで、ダントツで一番大好きな作品です!!何度も何度も読み返して、泣いて…笑 水沢さんの芯の強さも、黒木さんのやさしさも、全部ぜんぶ愛おしくって仕方ありません! それから、私は黒木さんの名前をひかりと読んでいたのですが、もしかしてひかるさんなんでしょうか(・・;)
^04-05 13:56 (f442a4)

[作者返信済み]

彩氷(10点)[編集] [禁止] [通報]
ゆりりんさんの作品のヒロインには、すべてここ!っていう魅力があるのですが、桜子ちゃんの場合は思慮深さじゃないかな。一見猪突猛進で豪胆なのに、その人に言うべき言葉をその場で選択できる柔軟性に、「本当にこの子まだ大学生なのか…」と度々呆然とさせられました。黒木さんも言ってましたが、?本当に「賢い」! 人の、特に黒木さんの感情に尊い女の子だと思います。黒木さんに拒絶されたとき、普通は「やっぱり私には無理だったんだ…ごめんなさい…」と一度引き下がりそうなところを、絶対に諦めなかった姿にも感動。ずば抜けた行動力と、
^03-06 16:15 (a651cd)

[作者返信済み]

ひがし(10点)[編集] [禁止] [通報]
作者さまの全作品、あっという間に拝読しました。特にこの「アシンメトリー」の胸の奥をぎゅっと掴む切なさと愛しさは素晴らしく、最後にもう一回ゆっくり味わいました。最高の物語に感謝です。エピローグ大大大好き。叶うならば二人の幸せをもっと見たいです。
^12-15 03:15 (2141b5)

[作者返信済み]

しーちゃん(10点)[編集] [禁止] [通報]
何回でも読み返したくなるくらい大好きです。胸がぎゅっとなって、それぞれの純粋に人を好きって気持ちがすごく伝わってきて、でも人間らしさがあって、で本当に飽きないくらいで、映画化とかドラマ化してほしいです!!
^10-26 20:17 (38e68c)

[作者返信済み]

うん(4点)[編集] [禁止] [通報]
お話は面白く読んでいたのですが、ナンバーワンキャバ嬢なんて思って悪かったよ。のフレーズで、キャバ嬢なんて…?って少し小馬鹿にされたような気持ちになりました。私もお水の仕事をしているのでたかがワンフレーズで、先が見たいと思わなくなりました。
^10-04 08:47 (360e60)

[作者返信済み]

ゆきゆき(10点)[編集] [禁止] [通報]
何度も何度も読み返し涙してキュンキュンしてます!とっても素敵な作品で出来るなら書籍で欲しいくらいです。本当に登場人物の感情がダイレクトに伝わって来て作者様の言葉の選び方、例え方が本当に素敵です。また読み返したいと思います!
^05-21 01:06 (cfdc3d)

[作者返信済み]

[(*)←前|次→(#)]


モバスペBOOK