恋愛小説

相楽さんの言う通り!

「俺が手取り足取り教えてあげる。」弱味を 握られた私は、毎日悪魔にこき使われている 「どうしたの?物欲しそうな顔して」ただ、 恋愛経験0の私に彼のキスは甘すぎて、ハマっていく。※本編完結

著者 ミルク(15)
PAGE 215ページ
閲覧 1051869人
ファン 22602人
更新 17-02-25 01:02
総合5位
ジャンル3位
[ミルク] [恋愛] [S男子]

この作品を読む
しおりから読む
Twitterで送信  LINEで送信

[作品レビュー(#254)]


モバスペBOOK