恋愛小説

私とピアノの君

来るもの拒まずの女好きピアノ男子、三崎奏吾。あんたの印象は最悪でした。でもピアノを弾いてるあんたには引き込まれていく。

著者 小豆だいず(3)
PAGE 460ページ
閲覧 38817人
ファン 708人
更新 18-09-22 20:41
総合36位
ジャンル21位
[恋愛] [高校生] [ピアノ]

この作品を読む
しおりから読む
Twitterで送信  LINEで送信

[作品レビュー(#3)]


モバスペBOOK