恋愛小説

満月と死神

――死神―― それはこの世界では大きく2つに分けられている。 1つは、魂を狩る死神。 そしてもう1つは、夢を狩る死神。 「貴方の夢を狩りに来たの」 突如僕の前に現れた少女はそう呟いた。

著者 足立りんご(2)
PAGE 22ページ
閲覧 781人
ファン 3人
更新 12-11-09 14:34
総合937位
ジャンル475位
[死神] [恋愛] [学園]

この作品を読む
しおりから読む
Twitterで送信  LINEで送信

[作品レビュー(#1)]


モバスペBOOK