恋愛小説完結】《短編》

光の速度を越えたら、タイムマシーンも夢じゃないらしいぞ。

優愛ー。好き。─俺はいわゆるクラスの問題児で、優愛は優等生。だから俺の教育係。俺たちの始まりはこんなとこ。困った顔の優愛が好きで俺は、いつも少し意地悪をする。

著者 まゆち(65)
PAGE 10ページ
閲覧 2243人
ファン 60人
更新 13-02-24 23:30
総合38860位
ジャンル17330位
[問題児] [優等生] [光の速度]

この作品を読む
しおりから読む
Twitterで送信  LINEで送信

[作品レビュー(#5)]


モバスペBOOK