恋愛小説

色がみ

暴走族の頭とキャバ嬢の恋 「あたしは男なんて信じない」 好きになった女は男を信用しない女。「俺が本当のお前を受けてやる」愛を教えてくれるのは 鋭くて、冷たい目をした狼だった。「わりぃけど絶対 離さない」

著者
PAGE 319ページ
閲覧 28964人
ファン 2041人
更新 10-07-18 16:28
総合3414位
ジャンル1534位
[束縛] [キャバ嬢] [不良]

この作品を読む
しおりから読む
Twitterで送信  LINEで送信

[作品レビュー(#30)]


モバスペBOOK