ファンタジー完結】《短編》

幸福貯金

「あ、悪魔…?」『いいえ、エンゼルです』燻った日常を送る喜一郎の前に、天使を名乗る少女が現れる。喜一郎を幸福に導く為に彼女が提案したのは、幸せを貯金するという方法だった。

著者 ぎずも(6)
PAGE 99ページ
閲覧 2214人
ファン 128人
更新 16-12-12 15:24
総合66461位
ジャンル3539位
[天使] [公園] [悪魔]

この作品を読む
しおりから読む
Twitterで送信  LINEで送信

[作品レビュー(#8)]


モバスペBOOK