文学完結

致死量の砂糖菓子

愛していたのはひとりだった ▽ 秋海アオイ×芽里 の合作。 ふたりの少女をそれぞれが担当します。

著者 芽里 / 秋海アオイ
PAGE 90ページ
閲覧 77145人
ファン 2740人
更新 15-05-04 16:48
総合57509位
ジャンル847位
[芽里] [秋海アオイ] [合作]

この作品を読む
しおりから読む
Twitterで送信  LINEで送信

[作品レビュー(#40)]


モバスペBOOK