恋愛小説

死にたがり姫と暴君王子

「私が死んだら。あなたは、どんな顔をするのかしら」「俺、お前がいねえと無理」 孤独を嫌う王子は孤独を好む姫に恋をする。そして姫は犯す。取り返しのつかない間違いを──。

著者 ささみのしっぽ(2)
PAGE 22ページ
閲覧 661人
ファン 88人
更新 15-02-14 23:55
総合48964位
ジャンル21759位
[恋愛] [学園] []

この作品を読む
しおりから読む
Twitterで送信  LINEで送信

[作品レビュー(#1)]


モバスペBOOK