恋愛小説

不純愛DNA

手の甲に浮き出た血管の碧色をキレイだと思った。私はその血に触れちゃいけなかったのに。

著者 ゆりりん(7)
PAGE 213ページ
閲覧 175842人
ファン 3065人
更新 20-04-07 17:06
総合3位
ジャンル3位
[恋愛] 

この作品を読む
しおりから読む
Twitterで送信  LINEで送信

[作品レビュー(#31)]


モバスペBOOK