文学完結】《短編》

ただ、無意味だと、思ってた。

「そしたら、  自分に将来はなかった。」 彼はそう言って、笑う。

著者 kureha(14)
PAGE 7ページ
閲覧 2848人
ファン 91人
更新 11-05-05 21:41
総合19755位
ジャンル270位
[転校] [現在] [将来]

この作品を読む
しおりから読む
Twitterで送信  LINEで送信

[作品レビュー(#15)]


モバスペBOOK