恋愛小説

おしえてよ、せーんせ?

新米教師の美里は自分の事を完全になめている生徒、琢磨が嫌い。しかし、いつもニヤニヤと嫌みったらしい笑い方をするのにいきなり冷たい笑みを浮かべ、 「じゃあさ、おしえてよ、せーんせ?」

著者 タピオカ(^ω^ = ^ω^)(3)
PAGE 24ページ
閲覧 613人
ファン 63人
更新 12-05-05 19:41
総合30189位
ジャンル13556位
[年下] [教師] [恋愛]

この作品を読む
しおりから読む
Twitterで送信  LINEで送信

[作品レビュー(#4)]


モバスペBOOK