恋愛小説

ナツコイ!

「清潔な小泉さんでも、触りたくない。」冷たくわたしを見る夏川くんの視線が「俺だって、きみには優しいよ?」甘く囁いて私に触れるようになるなんてーー想像もつかなかったの。@gumi_mb

著者 黒崎グミ=^・ω・^=(12)
PAGE 131ページ
閲覧 286313人
ファン 10730人
更新 18-08-22 00:10
総合67952位
ジャンル29132位
[夏川] [小泉] [ナツコイ]

この作品を読む
しおりから読む
Twitterで送信  LINEで送信

[作品レビュー(#51)]


モバスペBOOK