絵本/マンガ

†京極屋†【弐】

江戸時代初期、かつて知らぬ者は居ないほどの名を残した始末屋、【京極屋】。それから100年後の、京極屋で住む主人公達のお話。 基本ゆるさ全開。たまに真面目。前作の続編です。

著者 kureha(14)
PAGE 121ページ
閲覧 9865人
ファン 1015人
更新 13-09-03 14:32
総合26321位
ジャンル322位
[江戸] [始末屋] [日常]

この作品を読む
しおりから読む
Twitterで送信  LINEで送信

[作品レビュー(#17)]


モバスペBOOK