歴史完結

夜にしか咲かない花

夜の街吉原で、貴方に出逢った。「姫乃と申しんす」「お前が、姫乃…」咲いて、散って、桜乃屋─────恋に散っても美しくあれ。

著者 桜花(2)
PAGE 625ページ
閲覧 72062人
ファン 3686人
更新 15-01-20 11:20
総合534位
ジャンル16位
[吉原] [花魁] [遊女]

この作品を読む
しおりから読む
Twitterで送信  LINEで送信

[作品レビュー(#32)]


モバスペBOOK