恋愛小説

王子の事情

20歳の誕生日に祖母に紹介されたのは大学で有名な王子という名の『王子』。彼は親戚で、私の許婚?「俺、ずっといいなって思ってた」彼は何かを隠していて、どうも腹黒い。【17/3/5新着オススメ】

著者 秋冬(5)
PAGE 162ページ
閲覧 61256人
ファン 2995人
更新 17-05-25 23:17
総合25位
ジャンル15位
[許婚] [王子] [ラブコメ]

この作品を読む
しおりから読む
Twitterで送信  LINEで送信

[作品レビュー(#13)]


モバスペBOOK